Loading..

HISTORY OF C.P.COMPANY

1975
THE ORIGINS OF URBAN SPORTSWEAR

C.P.COMPANYはイタリアのボローニャで1975年にマッシモ・オスティによって創設されたブランドです。
創設時はChester Perry (チェスター・ペリー)という名称でしたが、1978年にC.P.COMPANYへと名称変更しています。
グラフィックデザイナーであったMASSIMO OSTIはミリタリーウェアの持つ独自な機能性や素材に注目。ミリタリーウェアのアーカイブを収集し、そのディテールを再構築することで、洋服のデザインを始めます。 創設後、ほどなくしてマッシモ・オスティは「アーバン・スポーツウェアを生み出したデザイナー」として国際的に評価される革新的なデザイナーとなります。 C.P.COMPANY独自の解釈で構築したアイテムは、機能性が非常に高く、実用的でありながらも高いデザインを誇りました。 すぐにイタリアのファッショニスタやアーティスト達の間で評判を呼び、圧倒的支持を得る存在となりました。

1979
Double dye in a single bath

またアーカイブの持つ使い込んだ風合い、色褪せたような独特なカラーリングに心酔し、3万点以上のアーカイブを集め研究したと言われています。
そのこなれた風合いやカラーリングを再現するため、彼がたどり着いたのが世界初の「GARMENT DYE」でした。特に異なる組成を同時に染色し、それぞれの組成に別々の化学的アプローチを働きかけることで“Tone on Tone”の印象的なカラーに染め上げる“Double dye in a single bath”という手法は彼を一躍、「ファッションを改革した先駆者」にしました。
そしてOSTIの最大の魅力は染色も含めたカラーマーチャンダイジングであり、当時としては他に類のない配色パターンは多くのファンを獲得したのです。
後に、C.P.COMPANY(Color of Passion)の頭文字を取りブランドのコンセプトとして、進化し後世に伝えられていきました。

1985
C.P. Magazine

1985年にOstiがCP Magazineのエディターになりました。それは、非常に大きいフォーマットのカタログ・マガジンであり、C.P.COMPANYのコレクションの全てのガーメントの写真や、C.P.COMPANYのライフスタイルを完璧にヴィジュアル化したものでした。ひとつのコレクションにつき40,000部の流通は、この変わった広告手法が実に効果的だということを証明したのです。多くの同業者があとに続き、業界のなかでトレンドになったのです。現在も店舗には大きいフォーマットのカタログ・マガジンの実物があります。

1988
mille miglia

1988年C.P.COMPANYがスポンサーを務めたイタリアのクラッシクカーレースの祭典「mille miglia」(ミレミリア)において、ガスマスクからヒントを得たフードにゴーグルレンズを配したドライビングウェアを提供。ゴーグルレンズは風雨からドライバーの目を守り、左袖につけたレンズからは時計を透かして見ることが出来、ラップタイムを容易に確認することが出来ました。さらには、胸と腰部分に2つずつ付けたポケットには地図や水筒、身分証などレースに必要なあらゆる装備を携帯することが出来るようになりました。
これによりドライバー達の大きな支持を得て、GOGGLE JACKETとC.P.COMPANYは広く知られるようになりました。

1991
C.P. STORE

C.P. STOREがニューヨーク・マンハッタンの歴史的なフラットアイアン・ビルディングにオープン。フラットアイアンビルは1902年に竣工し、現存するニューヨークのビルの中でも古い歴史を持ちます。高さ87mの22階建てで、完成当時はニューヨークでも最も高い建築物のひとつでした。ビルディングは、三角形の珍しい形で建築様式も古く、非常に高い人気を誇ります。最も細いところでは1メートル弱しかないのです。設計はダニエル・バーナムによります。ニューヨークで最も古い摩天楼と呼ばれることもあります。この特徴的なビルはニューヨークの象徴の一つとなり、1966年にニューヨーク市指定歴史建造物に指定され、1979年にアメリカ合衆国国家歴史登録財に登録され、1989年にはアメリカ合衆国国定歴史建造物に指定されました。
当時のC.P. STOREの内観は磨き上げられたガードレールが壁に配置されたデザインであり、スチール感のあるハイセンスなショップを作り上げました。

1994
Via Bramante SHOWROOM

ファッション、インテリア、デザインの発信地であるITALY MILANに最初のショールームを開設しました。MILANのVia Bramante通りに500平方メートルをという広大な面積のショールームでした。畳300枚と同じ大きさです。1978年から始まったミラノコレクションはパリ、ニューヨークに並ぶ3大ファッションショーですが、これはまさにミラノを象徴しています。そのファッションの中心地でC.P.COMPANYは新たな歴史を築いて行くのです。

2005
Massimo had passed away

マッシモ・オスティは2005年に他界しましたが、彼の遺産はマッシモ・オスティ・アーカイブを通して今日も生きています。ボローニャにあるマッシモ・オスティ・アーカイブには5000の製品と約300の繊維工場からの50000を超えるファブリックサンプルを含むテキスタイル・アーカイブがあります。
その後の後継者として、C.P.COMPANYのチーフデザイナーとして、モレロ・フェラーリの参加やロメオ・ジリなどの参加によりコレクションは過去のアーカイブを元に話題性のあるデザイン発表しました。

2015
C.P.COMPANY 40TH ANNIVERSARY

イタリアのPitti UomoでC.P.COMPANYの40周年スペシャルイベントが行われました。
歴史的なミッレミリアのドライバーに着せるためにデザインされた1988年からのC.P.COMPANYコレクションのスターであるゴーグルジャケットそのものをスポットライトの下で見せる独創的な演出が話題を呼びました。
C.P.COMPANY が歩んできた40年という歴史を回顧するとともに、新たな歴史へ向けての意志を示したイベントとなりました。

DESIGNER

2012年11月 Alessandro PungettiとPaul Havey を新しいデザインチームとして加入しました。
Paul HaveyとAlessandro Pungettiは新素材の開発に全力を傾けるだけでなく、ブランドを近代化することを望みました。限界を打破し、新たなフィロソフィーが生まれた瞬間でした。
ブランドフィロソフィーに新たな土台が加えられることになったのです。それは私たちにとっての美学であり、Breaking the boundariesの哲学を体現するものでした。

Paul Harvey

Paul Harvey(ポール・ハーヴェイ)は類まれなる才能の持ち主であり創作の真の価値を提供することのできる限られたデザイナーの一人です。
イギリスに生まれ、ロンドンにあるセントラル・セント・マーチンズ大学を卒業したすぐ後に、彼はファッションが自身のキャリア進路ではないと決め、1年間トラックドライバーとして働いていました。しかし、あるイタリア人の女性と出会い結婚しイタリアに移り住むことによって彼はファッションへの情熱を再び発見し、服をデザインし始めました。
Paul Harveyが最初にC.P.COMPANYを見たのは1980年です。イタリアに着いたばかりの頃で、Paulが働いていた職場の前にC.P.COMPANYを取り扱うショップがありました。重厚感のある青いキルティングのコットンジャケットシリーズ(Royal Navy)を今でも印象的に記憶しているそうです。
経歴として、ICI(インペリアル・ケミカル・インダストリー社)を経て、サボタージュ、モンクレールと現在のデザインの構築を遂げたのです。
ファッション業界でキャリアを重ねるPaulにとってC.P. COMPANYの存在はとても近しいものでした。Artea社のオーナーであり、C.P. COMPANYのファブリックのほぼすべてを生産していたAbriano Cacciaと非常に強い関係があったからです。
名だたるブランドを経て2012年にC.P.COMPANYでAlessandro Pungetti(アレッサンドロ・プンゲッティ)と共にデザインを始めます。現在も尚、創作の真の価値を提供しC.P.COMPANYを牽引し続けています。

Fabric Creator

C.P.COMPANYのファブリック開発の優位性が現在もなお揺るがない大きな理由はfabric creatorであるStefano Polato (ステファノ・ポラト)の存在なくしては語れません。
イタリアのパドヴァに生まれ、インダストリアル・ファッション・スクールを経て87年にC.P.COMPANYに入社しました。
創業者のMassimo Ostiのもとで研鑽を積み、現在はファブリック開発を統括指揮しています。
Massimoから全てを受け継いだStefanoにのみ成しえるファブリックは常に私たちの創造を大きく超えています。
同僚からファブリック博士と呼ばれるC.P.COMPANY のspecial oneは飽くなき探求心で常に新素材開発に取り組んでいます。


Marketing Manager
Enrico Grigoletti


Fabric Creator
Stefano Polato

Breaking the boundaries

これまでのデザインソースであるミリタリーウェアをベースに、時にはスポーツやトラッドの要素を加えることで、Massimoが追求してきた男らしさに上品さが備わった現代的なコレクションを展開しています。
そして40年以上の歴史を積み重ねてた今、武骨さの DNA を残しながらも、常に革新的なアイテムを開発し、さらには最新のテクノロジーを駆使して構築されるアイテムは、高いパフォーマンス性能を発揮すると共に、C.P.COMPANYの提案する機能トラッドを完璧なまでに表現しています。
究極の機能性と世界最高峰の染色技術で大人のワードローブを展開するC.P.COMPANYはBreaking the boundariesのミッションを、さらに突き進み進化を遂げています。

PAGE
TOP